糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

<< みょうが竹、よしな、山うど、ギンブキ | main | JAひすい菌茸部会きのこGAP研修会 >>

エシャレットを食べてみよう

 「エシャレット」は「早取りらっきょ」の通称であり
、東京築地市場のある方が命名したものだ、
というのは業界ではよく知られた話。
「エシャロット」という香味野菜とまぎらわしいのは難点です。
 地場産でもこの時季に出荷される「エシャレット」ですが、
味噌をつけて酒肴にという案内もマンネリ気味。

エシャ
「エシャレット」

似たような名前だし、香味野菜として間違って使ったらどうなるだろう?
ということで、「エシャレット」を「エシャロット」の代わりに
ソフリットにしてみましょう。

esha1
葉っぱを落として、皮をむき、根っこを切る。
縦横に切れ目を入れ最後はみじん切りに。
結構な手間がかかる。我ながらヒマなことやってます。

esha2
弱火でじっくり炒める。オリーブ油を使いました。

esha3
キツネ色になったところ。

そのまま食べてみると香ばしさと甘みを感じておいしい!
子供は喜んでつまんでいました。

これはこれで、隠し味としても使えるかも。
おいしけりゃ名前はどうだっていいですよね。

ちなみに葉っぱは刻んで味噌汁に入れました。
小葱とニラの中間といった感じでこれもいける。

いままで大きく取り上げることのなかった「エシャレット」
ですが、用途はいろいろありそうです。
さて何に使おうかな?
野菜 | comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks