糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

<< モーソ初荷 | main | 山うど、ぎんぶき、たらのめ、わらび >>

糸魚川産山菜揃い踏み

曇天の明け方でしたが、青空が拡がり陽が射してきています。
日に日に夜明けが早まるのを実感します。

連休明けの今朝は、糸魚川産の山菜がすべて揃ったのでは?
と思わせるほど多くの種類の山菜が出荷されています。


yamatake
初荷の「山竹」。


yosina
同じく初荷「よしな」。

warabi
「ワラビ」。

taranome
「タラノメ」。

ginbuki
「ギンブキ」。

kosiabura
「こしあぶら」。

huki
「フキ」。

kogomi
「コゴミ」。

harayama
こちらは原山の「モーソ」。

写真を忘れた「山うど」も出荷されていましたので、
ここに無いのは「ウドブキ」くらいかと。
ただ、4月の低温が影響しているのか、山菜類全般に、
量的にはあまり増えてきておりません。

山菜の出回りは、うかうかしていると
あっという間に終わってしまいます。

ぜひこの時季にお買い求めいただければと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks