糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

<< やつがしら&種里芋 | main | 花わさび >>

おひたしばなし

専> 地場の葉ものが増えてくる時期ですね。今回は「おひたし」についてお聞きします。わりと手軽にできる一品、という印象ですが。

ス> 葉ものなら、どんな種類のものでもできますし、(野菜の)量がたくさん食べられるのもいいですね。

専> 熱湯で茹でて、冷水で締めるということですよね。水を絞って切って食べる、と。

ス> 茹でる時に塩を入れるのを忘れないでください。これで葉の色が鮮やかに仕上がります。

ミ> 茹で時間ですが、この前テレビで「ほうれん草は7秒で上げる」と言ってました。
ほうれん草 「ほうれん草」

専> 色が変わったらすぐ上げる、ということでしょうか。

ミ> 茹ですぎると栄養が損なわれるそうで。食感も悪くなりますよね。秒数にあまりこだわることはないと思いますが、さっとでいいんです。

マ> 葉ものでも時期によっては、こわっぽい(固い)ものもあります。地場産の春の出始めのものならまず大丈夫ですが。地場の葉ものの売り場で商品を見て「柔らかそう」という言葉があがったら、ほめ言葉です。

専> しっかり見て食材を選べ、ということですね。

ス> 地場物なら「クレソン」「春菊」なんかも。漬物業者のH商店の奥さんが「春菊」と「みつば」を混ぜた「おひたし」が好きって言ってたのを覚えてます。
春菊
「春菊」
みつば
「みつば」

ミ> 香りの強いものでも「おひたし」にすると食べやすくなりますね。

ヤ> うちは母が野菜を作ってるものですから、収穫時期には必ず「おひたし」が食卓に並びます。採れすぎた時にもムダ無く早く食べきれるってことで。「青菜」「しろ菜」「キャベツ」「はくさい」など。
しろな4「しろ菜」

専> 「キャベツ」、「はくさい」もですか。

ヤ> おいしいですよ。おすすめします。芯のあたりは葉をむしらずに縦に半分に切って茹でて、さっぱりといただきます。

マ> 「ごまドレッシング」なんかが合いそうですね。

ヤ> 野菜がたくさん採れたときには同じ食材で二、三種類の「おひたし」が並びます。一番よく売れる(食べられる)のは、「しらす」と「かつお節」と「しょうゆ」で和えたものですね。あとは「和からし」と「しょうゆ」で和えたものも人気があります。

専> もう和えてあって、食べるだけにしてあるものですね。他に、こうするとおいしいっていう「おひたし」の食べ方はありますか?

マ> 一般的には、たっぷりの「かつお節」と「しょうゆ」をかけて。「マヨネーズ」と「しょうゆ」を混ぜたものもいけます。「ごまドレッシング」「青じそドレッシング」をかけてもおいしいですね。

ス> 「じゃこ」や「ぽん酢」をかけるのもいいです。ツナ缶を和えた一品も一般的ですね。

専> 控えめな味付けで、旬の野菜の味そのものを楽しみたいですね。ありがとうございました。

                       (おわり)
女子社員懇談会 | comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks