糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

山菜水煮(ぜんまい、うどぶき、うど、わらび、)

クリスマスが終わり、年内の開市も今日を入れてあと4日。
糸魚川青果年末の風物詩、「山菜水煮」の出荷が始まりました。

ぜんまい
上早川より。「ぜんまい水煮」

うどぶき
「うどぶき水煮」                                             

udo
「うど水煮」

zennmai
「わらび水煮」

今春に採った山菜を塩蔵しておき、年末年始に向けて
塩出ししたものです。塩蔵の状態のまま出荷されることもあります。

糸魚川に帰省したお正月に食べる各種山菜の煮物を
心待ちにされている方も多いのではないでしょうか。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

うどぶき

 小雨の明け方となりました。

気温は昨日までより一段低く感じるものの、ムシムシして不快な
感じです。

今朝はお待ちかね、「うどぶき」が初出荷されています。

うどぶき
「うどぶき」300g。山菜の中でも一段高なのは例年通り。

固定ファンが多くいる糸魚川の「山菜の王様」。
お浸し、浅漬け。他で代えられない風味があります。
希少なものなので、店頭で見つけたら即ゲットしておきましょう。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

山竹、みょうが竹

快晴の爽やかな朝となりました。
今朝は「山竹」「みょうが竹」が出荷されています。

山竹
「山竹」は皮をむいて輪切りで味噌汁に。
おいしい「季節の味噌汁」のできあがり。

みょうが竹
「みょうが竹」も、ちらほら出荷されています。
出荷者の方によると、三杯酢に二日ほど漬けた「酢漬け」がオススメとの
ことでした。

どうも野菜の相場が安く、売り上げが上がりません。
アベノミクス効果が青果の相場にも現れてくれるといいのですが。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

よしな、ふき

 素晴らしい快晴の朝となりました。
明け方早々に事務所の暖房を切りましたが、
今年初めてかと思います。

週明けの今朝は「よしな」「ふき」が出荷されています。


よしな
「よしな」は出始め。鈍い飴色は、茹でると鮮やかな緑に変わります。

ふき
「ふき」。順調出荷。
食感のよい「煮ブキ」をぜひ食べたいもの。

気温がぐっと上がって、素晴らしく快適な気候です。
気分良く仕事に取り組んでまいります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

山うど、ぎんぶき、たらのめ、わらび

空の明るい、薄曇りの朝となりました。
少し低めですが、活動しやすい適度な気温、カラッとした空気。
快適な気候となっています。

今朝は「山うど」「ぎんぶき」「たらのめ」「わらび」が
出荷されています。

やまうど
印象的だった「山うど」。来海沢より。
ハダカ出荷だときれいに写っていいです。

ぎんぶき
「ぎんぶき」はちょうどよい長さ。これも来海沢より。人気があります。

たらのめ.
「たらのめ」。寺島。

わらび
「わらび」は筒石より。

まさに今がベストシーズン。山菜の調理法については、こちらこちらがご参考になればと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

糸魚川産山菜揃い踏み

曇天の明け方でしたが、青空が拡がり陽が射してきています。
日に日に夜明けが早まるのを実感します。

連休明けの今朝は、糸魚川産の山菜がすべて揃ったのでは?
と思わせるほど多くの種類の山菜が出荷されています。


yamatake
初荷の「山竹」。


yosina
同じく初荷「よしな」。

warabi
「ワラビ」。

taranome
「タラノメ」。

ginbuki
「ギンブキ」。

kosiabura
「こしあぶら」。

huki
「フキ」。

kogomi
「コゴミ」。

harayama
こちらは原山の「モーソ」。

写真を忘れた「山うど」も出荷されていましたので、
ここに無いのは「ウドブキ」くらいかと。
ただ、4月の低温が影響しているのか、山菜類全般に、
量的にはあまり増えてきておりません。

山菜の出回りは、うかうかしていると
あっという間に終わってしまいます。

ぜひこの時季にお買い求めいただければと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

モーソ初荷

小雨が降り続く明け方となりました。

先週末の二連休と今週末の三連休にはさまれた
今週は火曜〜金曜まで四日間の開市となります。

連休明けの今朝は、さすがにどっと地物が出荷されましたが、
その中で「モーソ」が初出荷されています。

mo-so
「朝掘りモーソ」は一の宮から。初荷。

今年は裏年で少ない出荷量が見込まれます。
地場「モーソ」は貴重品となりそうです。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

こしあぶら、エシャレット、種八つ頭

 明け方は雨が強めに降り続いていたのですが、
この時間は止んで、空が明るくなってきました。

GW直前の今朝は、「こしあぶら」「エシャレット」が出荷されています。 

こしあぶら
「こしあぶら」は能生谷より。天ぷらでどうぞ。

エシャレット
「エシャレット」も出始めています。蓮台寺より。
こちらは、味噌をつけて酒肴に。
昨年「エシャレット」を炒めてみたレポートはこちら



本日出荷ではないのですが、

八つ頭
先週半ばに出荷された「種八つ頭」。
ずいき/八つ頭の種芋になります。

糸魚川では、「ずいき」といえば、「赤ずいき」のことを
指します。地場で出荷される種芋はもちろん赤ズイキのものです。

からいも
こちらは3年ほど前に出荷された、青いタイプ。あまり見かけません。

野菜苗各種の入荷も今週からはじまり、春の植え付けシーズン到来です。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

ふき、山うど、ぎんぶき

晴天の朝となりました。
桜も見頃を過ぎ、いよいよ春本番かと思います。

今朝は「ふき」、「山うど」、「ぎんぶき」が出荷されています。


ふき
初荷の「ふき」。大人の手のひらほどの長さ。

山うど
「山うど」は筒石から。
皮ごと「きんぴら」で手軽に春の味覚を。

ぎんぶき
同じく筒石から「ぎんぶき」。
味噌汁でこちらも手軽に食卓へ。

他に「里芋」、「こごめ」、「あさつき」など。
日に日に地場競売の品目数が増えて来ています。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

ぎんぶき、こごめ

春らしい明るい陽光がまぶしい早朝となりました。
ただ気温は低め。買参人の皆さんも「寒いね」と
口々に挨拶されておりました。

今朝は「ぎんぶき」、「こごめ」の出荷がありました。

ぎんぶき
「ぎんぶき」は筒石より。初荷です。
大きめ、茎極太のしっかりしたものです。
糸魚川では「ぎんぶき」ですが、一般的には「うるい」と呼ぶようです。

こごめ
能生谷から「こごめ」。人気があります。


昨日開催の天津神社の「けんかまつり」は
花冷えの気温プラス、小雨が時折あたるなど、
やや天候には恵まれなかったようです。
参道の桜の開花は何とか間に合ったみたいでしたが。
山菜 | comments (0) | trackback (0)
1/19 >>