糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

サイト移転のお知らせ

地方卸売市場 株式会社 糸魚川青果卸売市場 HP をご覧いただきありがとうございます。
この度、ホームページURLが下記へ移転いたしましたので、ご連絡させていただきます。
http://itoigawa-seika.com
今後ともご愛顧いただきますよう宜しくお願い致します。
トピックス | - | -

第二回 糸魚川青果市場まつり開催のお知らせ

ちらし

昨年に続き「糸魚川青果市場まつり」を開催いたします。11月1日日曜日、朝8時30分から13時まで。野菜、果物はもちろんのこと、糸魚川産のおいしい食べ物が青果市場に大集合!!初参加のお店、ライブステージが盛りだくさん!「おいしい発見がいっぱい」の、さらにグレードアップした楽しいおまつりを準備しております。ぜひお誘い合わせのうえご来場くださいね。スタッフ一同心よりお待ちしております!
トピックス | comments (0) | trackback (0)

第一回 糸魚川青果 市場まつり

秋晴れに恵まれた10月26日、休市の日曜日に
弊社にとって初の市場一般開放イベント、「糸魚川青果 市場まつり」を開催いたしました。
maturi2

maturi8
糸魚川市ジオパークキャラの「ジオ丸」「ぬーなちゃん」も揃って応援に
駆けつけてくれました。

maturi7
入口すぐの地場生産組合さんの試食ブース。
生しいたけフライ、パプリカの天ぷら、越の丸茄子のチーズ焼きなど。


まつり4
糸魚川青果組合の小売店の皆さんから、りんご直売のブースに応援をいただきました。

盛り上がった模擬せりのブース。
果実、野菜の詰め合わせセットなどを競売で。
maturi9


maturi1
せりの「手ヤリ」説明のみを営業員一同で。
実際の模擬せりは値段を声で言ってもらうやり方で行いました。

maturi11
糸魚川市食生活改善推進委員協議会のブース。
朝どりのキャベツをいろいろなタレやトッピングと共に試食。
他に野菜博士クイズスタンプラリーなど。

maturi6
ご当地アイドル、「ジオガールズみう」さんのミニライブ。
みうさんは本年度選ばれた観光大使、「糸魚川市ヒスイレディ」でもあります。

まつり3
早川の民宿「はちみつの木」佐藤夫妻。果実「ポポー」の試食、はちみつの販売でご出店。

maturi5
渡辺鶏園さんの地場卵販売ブース。
系列の「フェルエッグ」さんの地場卵使用スイーツは
大人気。

maturi10
お取引先、吉家果樹園さんのサンふじ販売スタートにあたり、設けたりんご試食ブース。
おいしいサンふじはみなさんから大好評をいただきました。

他にもたくさんのご出店をいただきましたが、紹介しきれません。
運営協力のボランティアの皆さんのお力も大きかった!
本当にありがとうございます!

後日、ご来場の皆さんから「楽しかった」とのお声を多数いただきました。
無事開催できてよかったとホッとしております。

改めてご来場、ご協力の皆さまに心から感謝申し上げます。

今後も年一回の開催を続けていければと考えております。
次回にぜひご期待下さいね!
トピックス | comments (0) | trackback (0)

「糸魚川青果 市場まつり」開催いたします!

弊社初めての市場一般開放イベント「糸魚川青果卸売市場 市場まつり」を
10月26日日曜日に開催いたします。
楽しいイベント、おいしい発見がいっぱい!
お子様にはポップコーン、わたあめのプレゼントやイベント参加者には妖怪ウォッチグッズが当たる抽選コーナーもあります!他にも楽しいイベントがいっぱい!開場は8:30〜13:00まで。
糸魚川青果市場まで、ぜひ遊びにきてくださいね!

市場まつり
トピックス | comments (0) | trackback (0)

雪室貯蔵青果物の室出し

いささか旧聞とはなりますが、5月18日午後、市内上早川へ
雪室貯蔵実験の最終引きだしが行われ、引き取りに行ってまいりました。

山芋
昨年12月下旬に蔵入れした山芋。トロ箱に土を入れて山芋を埋め、
雪室へ。半年の眠りから覚めた山芋の図。外観はいい感じ。


sinnkou
同じく「新興なし」。ただ、全体の3割ほどが傷んで、商品価値がないという結果に。
はっきりした理由は不明ですが、保管の仕方にもノウハウが要りそうです。
雪室は低温冷蔵プラス高湿が保たれるとのこと。
翌日社内で食べてみましたが、瑞々しくおいしい!

季節外れの5月に食べる梨の付加価値やいかに?


雪室
実験した雪室の図。主催は「上早川地域農業ビジョン検討委員会」。
毎年トマト出荷でお世話になっております、東山ファームの原さんが代表です。
青果物以外には地酒、ワイン、お米などが貯蔵されておりました。

貯蔵山芋は「膳処くろひめ」で試供されることに。結果は後日追記いたします。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

春よ来い!お江戸日本橋糸魚川食談会

お彼岸の前週となります、3月16日、17日。
糸魚川市「なりわいネットワーク」主催の
「春よ来い!お江戸日本橋糸魚川食談会」参加のため、
東京出張してまいりました。

 昨年8月に初めて行われた(弊社も参加しました)本会。
糸魚川市の産物を東京で認知してもらうことが目的であります。


annkou
16日の「アンコウ吊るし切り」。日曜日とあって入口の外に入りきれない方の列が
何重にも。このあとアンコウ汁の振る舞いがありました。


食談会ブース
春をイメージした弊社ブース。「アスパラ菜」「ふきのとう」「わさび花芽」
「プチヴェール」「つぶ(あさつき)」「生しいたけ」など。
PR目的のため出血大サービス!


sishoku
膳処くろひめ小柳板長による試食品。
素揚げした「ふきのとう」を混ぜ込んだ
「ふきのとう味噌」を「アスパラ菜のおひたし」、「つぶ」につけて
試食いただいたものが特に好評でした。
他に「わさび花芽三杯酢和え」「うどの芽甘酢漬け」など。

事業者向けオンリーだった昨年8月の回と違って
一般の皆さんにも開放された本会。
東京在住の糸魚川出身者の来場も多く、
多数の来場に感謝の二日間でありました。

又の機会をお楽しみに。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

宝船作成風景

例年1月5日が初市というのが恒例となっている青果市場ですが
今年は日曜日が初市という巡り合わせになりました。

宝<
初市用宝船。しめ縄販売の市内桂「はしだて」橋立社長自ら手造りの
宝船台です。


食材
糸魚川産農産物が積み荷に。
載せきれないほどの量が準備されました。

作成
JAひすい園芸推進協議会のご協力で
毎年作成いただいております。


集合
ご協力いただいた皆さん。左からJAひすい本間さん、吉岡さん。
JAひすい園芸推進協議会橋立会長。早川より渡辺さん、斉藤さん。
厳寒の中作業いただきました。感謝申し上げます。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。

雪のない新年を迎えました。

最近更新が滞りがちな弊ブログではありますが、

糸魚川産農産物の玄関口として機能することを目標に

情報をアップしてまいります。

本年もよろしくご愛顧ください。

(株)糸魚川青果卸売市場
 代表取締役 木嶋 隆
トピックス | comments (0) | trackback (0)

市内小中学校向け馬鈴薯と玉ねぎの出荷

例年この時期に弊社経由で市内小中学校の給食向けに出荷している
地場産「馬鈴薯」と「玉ねぎ」。

生産者、JAひすい、弊市場、青果小売店(給食納品業者)、小中学校が
連携して取り組んでいます。

今年も今週使用分より納品が始まっています。

たまねぎ
当番の生産者がその日の使用分を学校ごとに仕分けして出荷。

ばれいしょ
カット見本付きがルールとなっています。

目合わせ
出荷開始前に弊社で行った「目合わせ会」。

作柄の情報交換や規格など出荷の際の注意点を確認しました。

とりあえず夏休みまでの半月ほどの期間となりますが、
(その後9月からも出荷を予定しています)市内小中学校の皆さんには、
おいしい地場産の「新馬鈴薯」「新玉ねぎ」を
たくさん食べていただければと思います。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

下早川小5年生の「カリウマコロッケ」調理見学

JAひすい菌茸部会の斉藤会長より、
地場産生しいたけを使った献立を試食しに
下早川小学校まで来てほしい旨の連絡をいただいたのは、
先月のお話。

当日の3月8日は、「糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」の企画会議と
重なったため、弊社七澤が社長の代わりに試食してまいりました。


下小
糸魚川市立下早川小学校。弊社から車で15分くらい。

レシピ
本日の調理工程図。「生しいたけ」の器にマッシュポテト、炒めた玉ねぎ、
アボカドの和えたものを載せて、フライにします。


5年
調理は下早川小5年生の皆さん。
張り切ってまいりましょう。


作業中
「生しいたけのフライ」は実は、生産者の皆さんが
オススメされるおいしい食べ方。
今回はそのアレンジ版と言えるでしょう。


材料2
フライの衣をつけているところ。
一個がかなり大ぶりなサイズです。

奥さん
フライの工程は斉藤会長の奥様、康子さんがご担当。


フライ
カリッと揚がってますでしょうか。

「カリウマコロッケ」と名付けられたこちら。
さて、お味の方は??



斉藤会長
こちらは集めた生しいたけの茎で「きんぴら」を作成中の斉藤会長。

きんぴら
「きんぴら」完成の図。食材は無駄なく使い切りたいですね。


けんさい飯
こちらは郷土料理「けんさい飯」を作っているところ。
完成の写真がありませんが、
「けんさい飯」は、焼きおにぎりの外側に変わり味噌を塗ったもの。
昨年のイベント「食の嵐」で斉藤会長から
ふるまっていただいた思い出があります。


お招きいただきありがとうございました。


で、七澤が会社に持ち帰った「カリウマコロッケ」を
試食しました。


ポテトにアボカドを加えることで
クリーミーな食感に。

カリッと揚がった生しいたけ部分もおいしい。

食べる前に想像していた、「いわゆるコロッケ」とはまったく違う
新しい印象がありました。おいしい!!

クセのない味なのでソースで変化をつけても面白いでしょう。


ただ、ハンバーガー並みの特大サイズであっという間に
お腹がいっぱいに。昼食後だったこともありますが、
軽食には充分すぎるボリュームでありました。

食べた後に完成品の写真が無いのに気づいた。
大失敗です。

また機会があれば「カリウマコロッケ」を食べてみたいと思います。

下早川小5年生の皆さん、斉藤会長たいへんごちそうさまでした。
トピックス | comments (0) | trackback (0)
1/14 >>