糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

地場生産者懇談会

 毎年この時期に、各地区生産組合の代表と園芸関係機関の皆さんをお招きして、当社主催の懇談会を開催しています。「地場生産者懇談会」です。本年は2月20日に行いました。

懇談会1
会場は和食の糸魚川駅前「膳処くろひめ」さん。恒例です。

当社からは、平成18年度の当社の販売状況、新年度の作付け推奨品目、青果市場流通の動向などの説明を。

懇談会2 当社社長 木島

 生産者の皆さんからは生産活動の取り組みの報告、当社に対する要望などを。
関係機関の皆さんからは、地産地消の活動と園芸に対する支援策についての説明などを。

懇談会3

 毎回当社に厳しい叱咤激励のお言葉やら、お褒めのお言葉やらをいただいています。新年度の地場物振興と販売への決意を新たにする日でもあります。

懇談会4 園芸推進連絡協議会 橋立会長様

 あわせて、昨年度の実績より当社への貢献の大きかった方に表彰状と副賞が贈られました。

社長賞 社長賞 「生しいたけ」菌茸部会様

市場開拓賞 市場開拓賞 「いちご」斉藤誠一様

特別功労賞 特別功労賞 「きゅうり」中野園芸組合様

懇談会の後、引き続き懇親会に突入。宴席でも活発な意見交換がおこなわれました。
 皆さん新年度も当社事業へのご協力を宜しくお願いいたします。
トピックス | - | -

五月菜

「五月菜」の出荷が始まりました。

五月菜

暖冬が続いており、平年より2、3週間ほど早いスタートとなっております。

五月菜2

さっと茹でておひたし、和え物に。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

タラノメ

栽培ものの「タラノメ」が出荷されています。

タラノメ1

オーソドックスに天ぷら、さっと茹でて和え物に。これもほのかな苦味が春を感じさせてくれる食材ですね。

タラノメ2
山菜 | - | -

小松菜&大根菜

2月としては異常とも思える暖かさの中、小松菜、大根菜の出荷が続いています。

小松菜2 小松菜

大根菜1 大根菜

社内の記録を調べてみましたが、小松菜、大根菜が2月に出荷されたことは過去ほとんどありません(平成4年以降で平成13年の一回のみ)。

小松菜1

大根菜2

平成18〜19年の冬は何十年に一度の暖冬として記憶されることとなりそうです。
野菜 | - | -

苦手なものばなし

専>  地物の出荷が少ない時期ですし、今回は趣向を変えて、苦手な食べ物の話でもしましょうか。小声で。

ミ>  私、「枝豆」がダメなんです。子供の頃たくさん食べ過ぎまして。収穫時期になると食卓にいつも置いてあって、食べ続けてたことがあったものですから。今はまったく食べません。

専>  「食べず嫌い」ってあるけど、「食べすぎ嫌い」ですね。そういえば社長は「さつまいも」を食べないんですよね。戦中戦後の食糧難の時にむりやり食べてたからだって。これも「食べすぎ嫌い」。

ス>  私は「大葉」がダメ。あと「春菊」も。あの香りがどうも苦手で。あと「ゆず」の香りもダメです。地物で「ゆず」の出荷がある日の帳付けは必死で立っています。冬至の「ゆず湯」のときは家族につきあって一日だけ根性でがまんします。

専>  え、「ゆず」の香りって柑橘でしょ。「みかん」とか、「いよかん」「甘夏」「はっさく」は?

ス>  すいません、全部ダメです。

専>  そうなんだ(驚)。仕事が果実部の帳付けじゃなくてよかったですね。

ス>  実は芋類、「じゃがいも」や「さつまいも」も食べません。ホントは青果市場で勤める資格ないんです。

専>  そんな大げさな。別に食べるのが仕事じゃないんだからいいですよ。関係ない。

ミ>  専務さんは?

専>  私は基本的に好き嫌いがない。野菜、果物は全部OKです。しいていえば青果物じゃないけど「でんぶ」がダメ。特にあのピンク色の甘いやつ。このあいだの節分の「恵方巻」も「でんぶ」の入ってない物を食べました。

ミ>  私は「パセリ」、「セロリ」の香りが苦手で。「レタス」もちょっと。

専>  洋菜シリーズ。サラダの時困るでしょ。マ> さんは?

マ>  私は野菜、果物の苦手はないと思いますね。ちょっと思いあたりません。ただ「生もの」がダメなんです。

専>  「生もの」?

マ>  ほとんどの「お刺身」がダメです。

専>  えっ。じゃ鮨は?

マ>  「生もの」じゃない鮨ネタなら。

専>  いや、人それぞれというか、いろいろ出ましたね。よく「近頃の子供は偏食で」って言う人いるじゃないですか。でも子供だけじゃないよね。大人だって人それぞれなんだから。偏食を推奨するつもりはないけど、無自覚に子供にだけ言うのはやめようってことで。ありがとうございました。

                               (おわり)

帳付け・・・競売時の売上原票への記帳。
女子社員懇談会 | comments (0) | trackback (0)

よもぎ

「よもぎ」の出荷がありました。

よもぎ1

昔は「もちぐさ」とよばれていたとか。
すりつぶしてお餅に混ぜ、「草餅」に。
天ぷらでも。

よもぎ2
野菜 | - | -

菜の花

「菜の花」の出荷がありました。

菜の花3

独特の苦味が春を感じさせてくれます。

菜の花2

おひたし、からし合え、お椀のトッピングに。


菜の花1
野菜 | - | -

里芋がしら

2月に入って降った雪もすぐに消え、ここのところ晴天続きの積雪のまったくない糸魚川ですが、「里芋」の出荷がありました。

里芋がしら1

「セレベス」じゃないか?という社内の声もありましたが、芽が赤くない点など判然としないので、生産者の方が出荷伝票に記載された「里芋がしら」で紹介させていただきました。煮物に。

里芋がしら2
野菜 | - | -
1/1