糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

地ねぎ

今日で3月も終わり。地ねぎが連日出荷されています。

ねぎ

個人でホームページをお持ちの方よりアドバイスをいただき、接写でのフラッシュ撮影をやめました。より自然な質感をレポートできたらと思っています。お気づきの点があったら何なりとお寄せ下さい。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

葉もの三種

 ここ数日、早朝の冷え込みも緩み、日中の気温も上がってきました。当社も昨日で冬囲いの撤去をほぼ終え、いよいよ春モード突入です。
 葉ものの出荷が徐々に増えてきています。

からし菜 青菜

れんそう ほうれん草

五月菜4 五月菜

さっと茹でておひたしに。炒め物に。どんどん食べましょう。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

春きゅうり

15日から市内田屋の中野園芸組合さんより「春きゅうり」の出荷が始まっています。春の作型はハウスでの半促成栽培。この時季の春きゅうりのみずみずしい柔らかな食感にはファンが多いです。ぜひサラダでお楽しみいただきたいと思います。

春きゅうり
野菜 | comments (0) | trackback (0)

しろな&赤ひげねぎ

急な冷え込みと強風と雪も今週に入って止み、この二日は晴天となっています。
三月も半ばとなり、徐々に地場物の品目も増えてきました。

今日は「しろな」と「赤ひげねぎ」をご紹介。

しろな4 3/20

春先の菜物のおひたしは食卓に欠かせません。

赤ひげねぎ

地ねぎも出始めています。「赤ひげねぎ」はやわらかそうです。
野菜 | - | -

越後姫

今週より「越後姫」の入荷が始まりました。

えちご姫4

近年いちごの品種開発のスピードはすさまじく、各地でさまざまな品種が登場しています。

えちご姫2

単県一品種を推奨している県も複数あり、新潟県では
この「越後姫」の拡大に取り組んでいます。

えちご姫1
 いやでも目に入る「糸魚川産」ラベル

歴史はまだ浅く、生産量もまだ少ないですが、貴重な地場産果実として盛り上げていきたいです。
えちご姫3
果実 | comments (0) | trackback (0)

「越後姫」目合わせ会

昨日より今朝まで降り続いた雪も昼前には止み、晴れ間をのぞかせました。午後より「越後姫」いちごの目合わせ会が行われました。市内の生産者の方と関係団体の皆さんと共に当社からも数名が参加いたしました。
越後姫2「越後姫」

まずはハウス視察に。
いちごハウス1

陽射しがさしこむ視察びより?となりました。
いちごハウス2

いちごハウス3

オーナー
雪に囲まれたハウスと、視察にご協力いただいた生産者の斉藤誠一さん。
平成18年度当社「市場開拓賞」受賞者。

当社会議室に移動して、販売についての意見交換などを。
いちご会議3
いちごの販売状況を説明する当社果実部上原と地場担当七沢。

いちご会議1
JAひすい営農部様、糸魚川農業普及指導センター様からも多くのご助言、ご意見を。

いちご会議2

とりたての「越後姫」は、あま〜いの一言。
越後姫1
店頭で見つけたら、ぜひお試しを。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

おみそ汁ばなし

専> シンプルなみそ汁を「おないり」っていいますよね。「菜っ葉」が入っているという意味なんでしょうけど、私の家では「具の何も入ってないみそ汁」を「おないり」と呼んでいた。

ミ> おみそ汁の汁だけ。

専> 葉物のおひたしとか、ネギの刻んだのを後から入れてできあがり。

マ>ス> 野沢菜漬けや白才漬けの葉っぱの部分を刻んで、お椀にいれておいて、そこにおみそ汁を注ぐのが「おないり」です。

ミ> 長い時間みそ汁に入れたままだと色や食感が悪くなる具の時は、食べる時に別に入れた方がいいですよね。

専> それから、粕汁ってありますね。酒粕の入ったみそ汁。私の実家のみそ汁は一年中、どんな具のときも酒粕を必ずいれてました。それがあたりまえと思ってたんだけど、年とともにだんだん特殊だってことがわかってきまして。酒粕、入れますか?

マ> 「おないり」の時は私も必ず酒粕入れます。

ス> 同じですね。あとは「アオサ」、「岩のり」を具にする時に酒粕入れます。

専> ふーん、じゃ入れないのは?

ス> 同じ海藻類でも「もずく」には入れません。あと「とうふ、わかめ」「とうふ、なめこ」なんかには入れませんね。

専> なるほど。でも皆さんいちいち「これは酒粕に合う」「これは酒粕合わない」って考えてるってことはないですよね。具によって、自然に決まってるんですか?

マ> 具によって大体決まってますね。それぞれの家でなんとなく決まっていくんじゃないでしょうか。


専> 特に好きな具ってありますか?私は「とうふ、なめこ」が好きなんですけど。

ミ> いいですよね。秋の「原木なめこ」は特に。

マ> 私もぬめり系は好きで。夏なら「オクラ」のおみそ汁もおいしいですよ。生の「オクラ」を細かく切ってお椀にいれるんですけど。「おないり」の「オクラ」版。

ミ> 私は「大根、油あげ」「はくさい、油あげ」なんかが好きです。

マ> 私は芋類ですね。「じゃがいも、里芋」。あと「かぼちゃ、玉ねぎ」。夏なら「みょうが、なす」とか。

専> 「かぼちゃ、玉ねぎ」は甘そうですね。

マ> あまーいのが好みなんです。「玉ねぎ、じゃがいも」も。玉ねぎで甘みが出る。

ス> 私は「大根、里芋」なんか。大根は千切りで。

専> そうそう、千切り大根のみそ汁。昔よく食べてた。最近食べてないな。みそ汁じゃないけど、「おぼろ汁」もよく食べてた。しょうゆ味でとろみがあって、とうふをお玉ですくって作るやつ。お祭り用だったかな?

ス> お祝いとか人が集まる時に出されますよね。

ミ> 実家(会津)に「こずゆ」ってあるんですけど。お祝い席用で、しょうゆ味で里芋、大根、人参、きくらげ、お麩(まめ麩)、貝柱なんかが入っているものです。

専> 豪華な感じ。「おぼろ汁」は質素だよね。おいしいからいいけど。今回は盛り上がりましたね。ありがとうございました。
                      (おわり)
女子社員懇談会 | comments (0) | trackback (0)

かたくり

かたくり1

「かたくり」の出荷がありました。

かたくり2

おひたし、和え物、天ぷらなどで。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

川流れ菜

今日は久々の降雪があり、当社周辺でも5cmほどの積雪となっています。
 今日はとう菜の一種「川流れ菜」の出荷がありました。

川流れ菜1

おひたし、炒め物などに。濃い緑がおいしそうです。

川流れ菜2

「川流れ菜」の名前の由来は不明です。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

野ぜり&野かんぞう

少量ですが、「野ぜり」と「野かんぞう」の出荷がありました。

野ぜり1 野ぜり

野ぜり2 

「野ぜり」の風味は格別です。

野かんぞう 野かんぞう

「野かんぞう」の出荷はとても珍しいです。
おひたしや酢みそ和えなどに。
野菜 | comments (0) | trackback (0)
1/1