糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

うどぶき

 昨日に引き続いて、さわやかな晴天の朝となりました。市場はいつも臨時休業日が水曜日なので、昨日の祝日(水曜)はもう一つGW初日という実感がわきませんでした。本日は「うどぶき」が初出荷されています。

うどぶき

とうとう出始めました「山菜の王様」。出回り期間をお見逃しなく。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

よしな

 ひんやりした空気の、快晴の朝となりました。明日からいよいよGWが始まります。天気予報は連休中おおむね良いようです。
 本日は「よしな」の初出荷がありました。

よしな

ここしばらくの冷え込みもあって、地場の出荷量は少なめの日が続いています。
山菜 | comments (3) | trackback (0)

わらび&モーソ

 もうすぐ5月とは思えないような寒さと、JRの特急電車が次々に運休となるような台風並みの暴風雨。昨日は大荒れの日曜となりました。生産者の方の栽培施設や作物への影響が懸念されるところです。
 強い雨となった今朝は、少量ながら「わらび」、「モーソ」が出荷されています。

わらび
「わらび」

モーソ
「モーソ」

「モーソ」は「たけのこ」ですね。今季もうお食べになりましたでしょうか。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

ぜんまいばなし

専:今回は恒例の「山菜ばなし」ってことで。

ミ:ヤ:さんの家は山菜を作っているとか。

ヤ:作っているというか、前の年に山に植えておいて、翌年その場所へ家族が採りに行くだけみたいですけど。

専:栽培というわけではなく?

ヤ:世話も何もしないわけですから。勝手に生えてきたのを採るだけ。地元に集荷人がいて、その人に渡すと結構いい小遣いにはなるみたいです。

ミ:うちの市場に出荷すればいいのに。山菜の出回りの順番でいうと、早い順に「コゴメ」、「ゼンマイ、山うど」、「わらび」、「ふき」など、といったところでしょうか。今は「ゼンマイ、山うど」が真っ最中ですね。
(注:懇談会は4月15日午後に行われた)

専:「ゼンマイ」ってそういえばブログで取り上げたことなかったですね。「干しゼンマイ」はよく出荷されますけど。

ス:生の「ゼンマイ」が出荷されることは、ほとんどありません。そのまま(干さないで)食べることがあまりありませんので。アクが強すぎます。茹でるとお湯が真っ黒になるほどです。

専:そうなんだ。つまり、いったん干したものをわざわざ戻してからじゃないと料理に使えないということですね。

ミ:専務さん全然知らないんだ。「干しゼンマイ」は以前、毎年作ってましたから、任せてください。まず「ゼンマイ」を採ってきます。「オス」と「メス」の「ゼンマイ」がありますので、「メス」だけを採ります。

専:山で見て、これは「メス」だってすぐ判るものですか?

ミ:明らかに姿が違うのですぐ判ります。「オス」は大きくて、ごっつい感じ。「メス」はほっそり、スマート。

専:よくわからないなあ。女の人だって大きい人もいるし。

マ:「ゼンマイ」の話ですよね、これ。「オス」は「コゴメ」にちょっと似た感じ。「メス」は先端のくるくるしたところに「ワタ」がついてます。

専:「オス」は採られることもなく野山にひっそり残されるんですね。

マ:そういうことになりますね。もっとも「ゼンマイ」は「干しゼンマイ」を作ろうとする人しか採らないと思います。

ヤ:で、「メス」を収穫してくると、ワーッと広げて家族みんなで「ワタ」を取る作業をします。

ミ:さっと茹でると、茶色に変わります。それから「ゴザ」の上に広げて、少量ずつ手で揉む作業をします。根気よく全量を繰り返し揉みながら天日で干し上げていきます。手が真っ黒になります。

専:途中で雨が降ったら困りますね。

ヤ:絶対に雨に当ててはいけません。カビが生えてしまうので。わが家では雨の日には車庫にいったんしまっています。
 晴れたらまた天日に広げて。揉む作業。これの繰り返しです。干し上がるまで晴天続きで1週間から10日ぐらいでしょうか。休まず続けます。黒っぽいチリチリした姿になったら出来上がり。

ミ:10kgの「ゼンマイ」からできる「干しゼンマイ」は1kgだそうです。

干ぜんまい1kg入り

専:すごい手間ですね。「干しゼンマイ」の単価が高いのも当然なんだね。この間「ゼンマイの煮物」を知り合いの方からいただいたんだけど、焼きそば食べるみたいにさっさと食べちゃった。ちょっと後悔。

ミ:知り合いの「ゼンマイ」干してる人はどんな高値でも売りたくないって言ってました。知り合いとか近しい人にあげて食べてもらいたいって。気持ちが入っているんですね。

ヤ:私が住んでいる百川(ももかわ)は「ゼンマイ干し」が有名なんです。季節の風物詩みたいな記事で地方紙にとりあげられたこともあります。「久比岐自転車道」沿いの舗道いっぱいにゴザを敷いて「ゼンマイ」を干しています。今の時季なら行けば見られますよ。

                    <おわり>

懇談会の後日、ヤ:さんが提供してくれた「ゼンマイ」。実際に見たら一目瞭然です。

♂
ごっつい「オス」

メス
「メス」ほっそり
女子社員懇談会 | comments (0) | trackback (0)

山竹

 空に霞がかかったような明るい晴天の朝となりました。明け方はちょっと肌寒く感じましたが、時間とともに気温も上がってきているようです。
 本日は、「山竹」の出荷がありました。

山竹

そのまま焼いたり、おみそ汁の実で。こたえられない風味です。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

モーソ

 曇天の朝となりました。休市明けの本日は、お待ちかね、「モーソ」の初出荷がありました。

モーソ
市内原山(はらやま)産です。

モーソ2

今年は「裏年」で出荷が少ない年に当たります。人気は上々です。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

越後姫

 薄日の射す朝となりました。予報通り好天の週末でしたが、休市明けの地場物の出荷は予想に反して少なめとなりました。
 本日は「越後姫」が出荷されています。

越後姫
Lサイズです

 先週金曜日夜7時30分からNHK総合テレビ(ローカル枠)にて放送された「きらっと新潟」という番組で、「越後姫」が特集されていました。
 紹介されていた生産者は新発田の高設栽培の方でしたが、栽培の沿革やご苦労、越後姫の食味を含む品種特性が番組全体を通してうまく伝えられており、輸送時の品痛みを防ぐ特殊な包装資材の開発(遠隔地への出荷可能性が拡がる)とあわせて、内外への大きなPRとなる質の高い番組だったと思います。
 弊社に出荷いただいている「越後姫」は土耕栽培によるものですが、栽培方法による食味の違いがあるのか、ぜひ比べてみたいと思いました。
果実 | comments (0) | trackback (0)

山竹、ふき、行者にんにく

 久しぶりに明るい陽光の差し込む快晴の朝となっています。本日は、「山竹」「ふき」「行者にんにく」が出荷されています。

山竹の子
「山竹」初出荷です。下にちょっと見えるのは「ふき」です。

ふき
「ふき」初出荷です。

行者にんにく
「行者にんにく」初出荷です。

量的には少なかったですが、いろいろな山菜が出荷されています。週末は好天の予想です。週明けは出荷の増量が見込まれます。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

こしあぶら

 曇天の朝となりました。今朝は「こしあぶら」の出荷がありました。

こしあぶら

競売前に「食べ方のわからないこしあぶら」
と独り言をつぶやきながらカメラのシャッターをきっていたら、
「天ぷらにきまっとるだろうが」
と買参人の方につっこまれてしまいました。
やっぱり「天ぷら」ですかね。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

ねぎ苗

 小雨の朝となりました。弱い雨ですが、ちょっと肌寒く感じます。本日は「ねぎ苗」が出荷されています。

ねぎ苗

 ここのところ連日出荷されています。ねぎ栽培を考えられている方は、お近くの市内小売店にご相談ください。

 また、別件ですが、
毎年恒例の茨城産「さつまいも(紅高系、紅あずま、関八)苗」の注文も25日まで受け付けています。そちらもあわせてご相談ください。
野菜 | comments (0) | trackback (0)
1/2 >>