糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

(わさび)みそばなし

し:最近、取扱が始まった翠工房さんの加工品シリーズですが、
  先日従業員全員で試食してみたところです。いかがでしたか?

ミ:おいしかったです。「わさびの茎」がザクザクと入っている感じで。
昔、早川のTさんが手造りしていて人気があった「わさび漬け」を
思い出しました。

ス:ミさんは「わさび」はダメだけど、「わさび漬け」はOKなんですよね。

し:私、「わさび漬け」は食べず嫌いだったんだけど、
今回食べたらおいしかったんですね。
翠工房さんは、「わさびの茎」はもちろん、
原料の「酒粕」も糸魚川産にこだわっているそうです。
ところで、皆さんは、「わさび漬け」をごはんのお供にされるんですか?

ス:そうですね。薄味の「わさび漬け」には、ちょっとお醤油をたらしたりします。
もう退職された市場OGの方が、「野沢菜」に「わさび漬け」をつけるとおいしい、
って言ってたのを思い出します。

マ:「たくわん」に「わさび漬け」をつけるのもアリですよね。

し:漬け物ミックス。アクセントになっていのかも。
 「わさび味噌」もおいしかった。やっぱり茎ザクザクで。
ちょっと甘辛で、酒肴にピッタリだと思いました。
三種
中央が「わさび味噌」

ス:他の二種もおいしかったんですが、特に「わさび味噌」の人気が高かったですね。
今回「わさび味噌」をお弁当のフライにつけて食べたらおいしかった。
きゅうりにつけて、「もろきゅう」にしたり、
出はじめ頃の「つぶ」につけてもおいしいと思います。


ヤ:出はじめの「つぶ」の「葉のところ」は食べられるんですよね。
柔らかいので。
つぶ
出はじめの「つぶ」

し:わさび味噌を使って変化をつけるのも楽しいかも。


マ:「ふきみそ」(ふきのとう+みそ)とか、酢味噌和え、ゴマ味噌和えなど、
春先はお味噌の登場機会が多いですね。


し:ところで皆さん、自宅でお使いの「味噌」の銘柄って決まっているんでしょうか。

マ:決まっています。横町のY商店さんのですね。
実家では青海のN味噌だったのですが、廃業してしまいました。

ス:わが家も同じです。横町のY商店さん。

ヤ:わが家は、ずっと上越にある業者さんのお醤油とお味噌なんです。
毎回上越まで買いに行っています。

ミ:大変ですね。うちは全国大手のMみそです。ずっと同じものを使ってます。

し;ふーん、うちは適当に手に入るものを使っているんですよね。
もっとも、うちは、あまり味噌を使わない家に入るかもしれない。

マ:昔は家でお味噌を造っていたものです。子供の背丈くらいのおおきな樽にいくつも。
味噌蔵には、その家のお味噌があった。日常使う分を甕(かめ)に移して台所において。
甕だと味が変わらないんですよね。

し:ありました。実家の台所の下に味噌の甕が。ミさんは?

ミ:私の実家でもたくさん造ってましたとも。
14人の大家族だったし、一日三食毎日お味噌汁でしたからね。
そのほかにも和え物など、いろいろな用途で使っていたと思います。
お味噌造りの時期には、ご近所中でお味噌を造ってました。

し:ふだん使っている味噌の銘柄を変えないのは、そのころの名残なのかもしれないですね。
ありがとうございました。

                                         <おわり>
女子社員懇談会 | comments (0) | trackback (0)

こしあぶら

 明け方まで微かに雨が残っていましたが、
今は陽が射してきています。
 4月最終日となった本日は、「こしあぶら」が出荷されています。

こしあぶら
能生より

昨晩、自宅で「こごめ」、「たらのめ」を天ぷらで楽しみました。
自宅だと揚げたてのアツアツをすぐに食べられるのが、いいですよね。
ようやく春爛漫という陽気になり、出遅れていた地場産出荷物も
平年並みの量に戻りつつあります。GWで帰省された方にもぜひ、
地場山菜の天ぷらをふるまってあげましょう。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

わらび

 昨夜の「この世の終わり」を思わせるような暴風で、弊市場裏側の
閉まっていたシャッターの支柱が、ねじまがり(ホントです)、
駆けつけてくれた従業員と一緒に、深夜の応急処置に追われました。
 短い仮眠の後、出勤してみると、今朝はウソのように風が収まっています。
 昨夜のドタバタが夢のように感じられる今朝は、「わらび」が出荷されています。

わらび

作物や栽培施設への暴風の影響が懸念されます。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

つまみな、モーソ

 風の強い、曇天の朝となりました。
本日は「つまみな」が出荷されています。

つまみな
おひたしやサラダに。ポン酢などでさっぱりいただきましょう。

モーソ
「モーソ(たけのこ)」も連日出荷されています。
人気です。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

たけのこ

 明るい陽光にあふれた、快晴の朝となりました。
市場内での作業中にウグイスのさえずりが何処からか聞こえてきます。
日照不足の4月となっていますが、やっと春らしくなったなと思います。

今朝は、「モーソ(たけのこ)」が出荷されています。

たけのこ
初出荷ですね。

外側の皮の「薄い茶色」が、なんともおいしそうに映ります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

原木生しいたけ

久しぶりに快晴の朝を迎えています。
週末は能生のお祭りだそうで、好天でなによりだと思います。

本日は、昨日出荷分より「原木生しいたけ」をご紹介。

原木生しい 
肉厚ジャンボサイズ

全国的にも生産量が減っていると伝えられる「原木生しいたけ」。
これは、通年出荷いただいている生産者ではない方からの
スポット的な出荷品。りっぱなものを出荷いただきました。
菌茸 | comments (0) | trackback (0)

あざみ、ぎんぶき、山にんじん

 朝方まで小雨が降っていましたが、今はあがっています。
車のボンネットに、散った桜の花びらが雨と一緒に残っています。

本日は「あざみ」、「ぎんぶき」、「山にんじん」の出荷がありました。
あざみ
「あざみ」。塩漬けにしておき、年末などに戻して煮物に。

ぎんぶき
「ぎんぶき」。一般的には「うるい」、または「ぎぼうし」と呼ばれる
そうですが、糸魚川では「ぎんぶき」。

山にんじん
「山にんじん」。弊ブログ初登場だと思います。
「天ぷら」、「おひたし」でおいしくいただけるそう。
山菜で、単なる「人参」の葉ではありません。

一挙に山菜の種類が増えて、撮影も大忙しです。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

わらび

 夜明け過ぎ、にわかに降り出した雨が土砂降りに変わりました。
春らしい陽気は、またどこかへいってしまったようです。

 本日は「わらび」が出荷されています。

わらび
初出荷です。

ペースは遅いものの、地場物全体の出荷量も少しずつ増えてきています。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

こしあぶら、ふき

 小雨が降り続く朝でしたが、今はあがっています。
今朝は、「こしあぶら」、「ふき」が出荷されています。

こしあぶら
「こしあぶら」。「こしあぶらの木」の若芽を摘んだものなんだそう。

ふき
「ふき」。初荷ですね。

少しずつ、山菜の種類が増えてきました。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

コゴメ、タラノメ

 早朝は陽が射していましたが、今は陰ってしまっています。
少し風が強かった今朝は、「コゴメ」「タラノメ」が出荷されています。


こごめ
「コゴメ」。高評価の能生谷より。
「コゴメ」の評価は「柔らかさ」によります。
「こわっぽい(堅い)」のは敬遠されがち。

たらのめ
「タラノメ」

出荷量でいうと、「コゴメ」>「山ウド」>「タラノメ」
という感じです。
平年に比べると、なかなか山菜の種類が増えてきません。
山菜 | comments (0) | trackback (0)
1/3 >>