糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

山麓わらび

さわやかな気温の晴天が続きます。

今朝は、市内山の坊より「わらび」が出荷されています。 

山麓わらび
出荷票には「山麓わらび」と。

 出荷者は先日まで弊社の日直業務を長く勤めてくださったYさん。
「お店で買ったわらびがおいしくなかった」という理由で
自ら収穫しての自信の品を出荷となりました。
Yさん、ありがとうございます。
またお願いしますね。
 
山菜 | comments (0) | trackback (0)

うどぶき

快晴の朝を迎えています。
先週末の蒸し暑さは続かず、爽やかな日中気温が戻ってきています。

今朝は「うどぶき」が出荷されています。

udobuki
糸魚川では「山菜の王様」とも。

入手したら、可能な限り早く調理を。
おいしく食べる鉄則です。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

山竹

ここ二、三日の汗ばむような陽気からすると
少し肌寒く感じる晴天の朝となりました。

今朝は「山竹」が出荷されています。

山武
根の方の色が暖かい肌色のものの方が評価されるようです

旬限定の味をもうお試しされたでしょうか。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

つぶ、モーソ、わらび

 この一週間、まったくと言っていいほど
糸魚川に雨が降っておりません。

加えて初夏を想わせる高い気温が続きます。
気候の変わり目に早く体を慣らせたいものです。

本日は、この二日の出荷分より「つぶ」「モーソ」「わらび」を。
tubu
「つぶ」。順調に入荷。

mo-so
「モーソ」。数量が少ないまま終盤に。
「本日朝取り分」。

warabi
「わらび」は連日入荷。

この時期、地場売り場の「一般出荷(個人出荷=出荷組合以外)」
については7、8割が山菜類となります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

うどぶき、ぎんぶき、よしな

気持ちのいい晴天が続きます。

本日はこの二日間の出荷から「うどぶき」「ぎんぶき」「よしな」を。

udubuki
「うどぶき」は昨日初出荷。
かなり黄色く写ってます。

ginnbuki
「ぎんぶき」も順調入荷。刻んで味噌汁にも。

yosina
「よしな」も出てきています。

昨日、窓口に精算に来られた常連のモーソ(筍)出荷者の方が、
「社長さん、今年は(今回の精算分で)もう終わりだね」と。

えっ、もう終わりですか?初出荷からまだ十日ぐらいなのに。
裏年とはいえ早っ。

 気温の急上昇もあり、どうやら出遅れていた山菜類も
あっという間の駆け足でシーズン終了、という年になりそうです。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

葉たまねぎ、ふき

 さわやかな気候の快晴の朝を迎えています。

暑くも寒くもない快適そのものな(今朝のような)気温の時期とは
一年でみると意外と短いのかもしれません。
慈しむように過ごしていきたい気がいたします。

今朝は「葉たまねぎ」、「ふき」が出荷されています。
はたま
「葉たまねぎ」。つやつや。

ふき
「ふき」。撮影のためにフタ代わりの新聞紙を取った瞬間、
「ふき」の野趣あふれる香りが辺りに溢れます。

好天だと光線の具合なのか、撮影も一発で決まり、
作業が至ってスムーズです。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

モーソ、つぶ、豪雨の朝

 あまりの寝苦しさに深夜二時過ぎに目が覚めてしまった私。
就寝後に途中で起きることなど、めったにないのですが、糸魚川の
深夜一時の気温30度C超だったと会社で聞いて、納得しました。

恐ろしいような音と共に文字通りの豪雨が叩きつける火曜日の朝となりました。
今朝は「モーソ」、「つぶ」が出荷されています。

harayama
市内上刈。知っている人だけ判る「原山(はらやま)ブランド」。


tubu
おなじみ「つぶ」。鮮度感あり。

(追記)翌日、この日一日の糸魚川の降水量が105mmだったとの
 発表が気象庁よりありました。(ちなみに四月の月間降水量は144mm。)
 同庁発表の「一時間の降水量の日最大値」ランキングで
 糸魚川(早朝5時〜6時、31.5mm)が全国5位に。
  いかに凄まじい雨だったかがわかります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

うるい、山竹

気温の高い、晴天の週明けとなっています。

気温の上昇と共に、商品の荷痛みにも
より気を使う季節となってきました。

今朝は「ぎんぶき」、「山竹」が出荷されています。

urui
糸魚川では「ぎんぶき」。一般的には「うるい」。

yamatake
「山竹」は初出荷。

初夏を思わせるような本日の気温に、
腕まくりの長袖シャツ一枚で仕事しておりました。
気温の上昇ペースがちょっと急すぎる印象です。

余談となりますが、「被災先進県」新潟県の流通農産物に関する
放射性物質検査の徹底ぶりについて先日もブログで触れたところです。

先週の金曜日(5月6日)に、弊社にも検査用農産物の収去の依頼が
あり、当日入荷品より地場産「ほうれん草」、「五月菜」、
加えて県外(神奈川)産の「キャベツ」を提供いたしました。

収去の翌日に県から電話で結果報告をいただきましたが、
結果は三品とも「(放射性ヨウ素、放射性セシウム)検出されず」(5月7日報道発表)。
地場の生産者お二人にも速攻で無事をお伝えした次第です。

まさかとは思いつつも、内心はドキドキだった
今回の収去(生産者名が特定できることが条件)。
供出を了承いただいた地場生産者お二人の勇気に感謝です。

また連日この検査を繰り返されている県の関係者の皆様にも
敬意を表したいと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

モーソ

 GW明けから、急に気温が上がり、気候がガラッと
変わった印象です。
 
 昨日の土曜日は、モーソ(たけのこ)が初出荷されています。

mo-so
市内一の宮。初出荷は昨年より11日遅れ。

モーソの裏年にあたる今年は、
急に出てあっという間に終了、という展開が予想されます。
地場モーソをお見逃しなく。
山菜 | comments (0) | trackback (0)
1/1