糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

三月菜

 小雨の降り続く朝となっています。

昨日の糸魚川の最高気温は24.1度Cとなった
もようです。つい二日前まではダウンを着ていたのに
えらい変わりようです。

 また、昨晩は糸魚川駅前通りで民家など四、五軒が全半焼する
大きな火災がありました。

 実家が近く(大町)なので、とりあえず様子を見に行き、
そのまま野次馬化して消火活動を見ていましたが
あんなにものすごい勢いの火災を見たのは初めてです
(はしご車を含む消防車5,6台による放水、消火活動は3時間半続いた)。

弊社は平成18年の4月11日に倉庫火災を起こし、
火元となった(原因は結局不明だった)苦い経験があります。
その時のなんやかやが火災を見ていて思い出されました。

被害にあわれた皆さんに謹んでお見舞い申し上げます。


さて、三月最終日の今朝は「三月菜」が初出荷されました。

三月菜
上刈より。いわゆる「青菜」ですが、葉が丸いのが「三月菜」
葉がギザギザなのが「五月菜」と呼んでいます。
糸魚川だけの通称かと思います。

地場出荷のペースは例年よりかなり遅いですが、
少しずつ品目が増えてきています。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

曲がりねぎ

 素晴らしい快晴の朝を迎えています。

澄み切った青空、待ちに待った、ひときわ明るい陽光が
あたりを満たしています。

3月の営業日も残すところあと3日。
やっと春らしくなってまいりました。

長かった豪雪の冬が終わり、春を迎える喜びは
雪国に暮らす経験をお持ちの方なら、強く共感いただけるのでは
ないかと思います。

今朝は、上刈から「曲がりねぎ」が出荷されました。

地ねぎ
出始めの「地ねぎ」の柔らかさは特筆もの。
こちらも待ち望んでいた一般出荷品。

冬物のダウンはさすがにもう仕舞っていいでしょう。
気がつくと、もう4月なんですよね。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

春きゅうり初荷

本降りの雨の朝となっています。

市内の小学校は今日から春休み。
春らしい陽光が待ち遠しいところです。

今朝はお待ちかね、市内田屋の中野園芸組合から
ハウス「春きゅうり」の初出荷がありました。


nakano
AMサイズ。品種「シャープワン」。
まだ数ケースのみ。昨年より5日遅れ。

食卓にかかせない「きゅうり」は年中出回る商材では
ありますが、出始めの地場産「春きゅうり」の柔らかな食感、
口いっぱいに拡がる瑞々しさは格別のものがあります。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

あさつき、アスパラ菜

昨日は地面をうっすらと雪が覆う、厳寒の朝となりました。

今朝は降雪こそないものの、春には程遠い低い気温の朝となっています。

3月の下旬に入ったのに、なかなか春らしくなってきません。

地場の出荷も少なく、ブログ更新も滞りがちです。


本日は先週土曜日の出荷分から「あさつき」、「アスパラ菜」を。

asatuki
「あさつき」は弊ブログを見た他県の方から問い合わせがありました。


asuparana
「アスパラ菜」。そろそろ終盤へ。

先日振興局でいただいたレシピのパンフには、

おひたし、シチュー、グラタン、炒め物

がオススメとして紹介されておりました。

クセのない「アスパラ菜」はいろんな使い方ができます。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

糸魚川の野菜を食べようキャンペーン企画会議

 昨日9日午後、弊社にて今夏実施予定の
「第4回 糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」について
企画会議を行いました。

kikaku
ご参集の関係機関の皆さん

詳しい内容は追って明らかにいたしますが

過去三回の反省点を踏まえ、

新しい視点、企画を盛り込みながら

さらに実効をあげるべく

精力的に活動してまいります。


どうぞご期待下さい。
H24年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン | comments (0) | trackback (0)

越の丸茄子の利用に向けた検討会

 8日午後、糸魚川地方振興局 農林振興部主催で
「越の丸なすの利用に向けた検討会」が開催され
弊社木嶋が出席してまいりました。

卸売市場経由の外食向け地場農産物流通ルートをシステム化し、
順次いろんな品目を乗せていこう、という構想です。

検討
右サイド農林振興部の皆さん。正面は糸魚川市農業経営支援センターの皆さん。
写ってませんが、左サイドに市内有名旅館、ホテルの皆さん。
手前に丸なす部会橋立会長。

糸魚川産のブランド品、越の丸茄子を使った料理を
多くのお客様に食べていただこうという趣旨の
この取り組みは、少しずつですが前進していきそうです。


余談になりますが、

会議の冒頭におこなわれた地場産品の試食プレゼンよりこの2皿。
試食1
右奥の青い印が「菌床しいたけ」、右手前緑の印が「原木しいたけ」を焼いたもの。
奥は「アスパラ菜」のお浸しに出汁ジュレをそえたもの。
いちごは「越後姫」。


試食2
糸魚川産翠豚(みどりぶた)を使った皿。
右側酒粕漬け翠豚を焼いたもの。
左手前が翠豚ベーコン。左奥がメンチカツ。
すべて能生食肉センターさんの商品だそうです。

食肉関連は門外漢ですが、地道に商品開発が
進められているんだなと、感心しました。

準備は大変だと思いますが、パンフレットだけ見るのと違い
少量の試食だけでも商品が強く印象に残るものだなと感じました。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

あさつき

明るい曇り空の朝となりました。

ブログ更新は久しぶり。

地場出荷が少ない冬期とはいえ、
今年に入ってからの地場競売の回数の少なさ
(競売にかける地場出荷品がない時は、そのまま野菜の競売に入ります)
は残念ながら記録的です。

今朝の地場競売は「アスパラ菜」のみでしたが、
写真は先週出荷分より「あさつき」を。

あさつき
藤崎より。

日暮れが日に日に遅くなっているのを実感します。
春の訪れが待ち遠しいこの頃です。
野菜 | comments (0) | trackback (0)
1/1