糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

ふきのとう

 明け方雪は降っていなかったのですが、
舞うような雪がチラチラ降ってきています。

降雪はあるのですが、うまいこと
とぎれとぎれで降っているので
大きな除雪の必要があまりなく、助かります。

今朝は「ふきのとう」が出荷されています。


ふきのとう
「ふきのとう」。藤崎から。

藤崎は海沿いにあるせいか、能生地区でも降雪が
際立って少ないと聞いています。

 弊社では、例年藤崎のハウスもの山菜が一番早く
出荷されるのが恒例となっています。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

春きゅうり接ぎ木作業見学

御三方

先日の「糸魚川青果地場生産者懇談会」でも
ご報告させていただきましたが、平成24年度実績によれば


弊社の年間きゅうり販売数量の69%が糸魚川産きゅうり

なのです。


その糸魚川産きゅうりの販売数量の8割が
市内田屋の「中野園芸組合」産
となっております。

弊ブログでも登場回数の多い「中野園芸組合」さん(構成員は二軒)ですが、

昨年の反省会時に

「一度接ぎ木作業を見せてもらえませんか?」

という勝手なお願いをしておりました。


昨日21日の午前に接ぎ木作業が行われるとの
ことでしたのでとり急ぎ伊藤善勝氏のハウスへ寄らせていただきました。


田屋
当日は大雪に。雪に埋もれた田屋地区へ。



ハウス
ご自宅の目の前にあるビニールハウス。お邪魔いたします。



sagyo
「接ぎ木」とは、簡単にいうと南瓜の根っこに胡瓜の幼木を挿して
くっつけ、病気に強く収穫量の多い胡瓜を育てる技術です。



yosikatu
伊藤善勝さん。H23年度の緑白綬有功賞受章は記憶に新しいところ。




ito
接ぎ木作業中の(ご親戚の)伊藤さん。毎年作業をお願いしている大ベテランの方。
昨年の反省会でもご一緒させていただきました。


台木
台木の南瓜「ときわゴールドG」。



sha-pu
接ぎ穂のきゅうり「シャープ1」。



tugi
台木と接ぎ穂にカッターで切り込みを入れ、挿しこみ合わせクリップで止めます。
本日はこの作業を750本ほどされるそう。


tugigo
挿しこみ終了の図。くっつく(活着)に12日ほどかかります。
そのあと、接ぎ穂である胡瓜の根を切り、定植することになります。



これは「呼び接ぎ(よびつぎ)」という方法だそう。
最初から双方の根を切って挿しこむ「断根挿し接ぎ」という
機械によるやり方もあるそうですが、
伊藤家はすべて手作業の「呼び接ぎ」で行われているそうです。


narabe
活着するまでのハウス内の温度管理がとても重要なんだそうです。
ほとんど離れずに小まめに温度調節されるというお話でした。


元々は別々の植物を合体させるこの方法。
中にはうまく活着しないものもあるそうです。
高い歩留まりとなるよう心から祈念申し上げます。



弊市場への出荷は4月10日前後となる見込みです。
丹精込めた春きゅうりの出荷をどうぞお待ちください。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

平成25年度 糸魚川青果地場生産者懇談会

風のない、まずまずの好天に恵まれた2月19日、
恒例の弊社主催による「地場生産者懇談会」を開催いたしました。


昨年度の弊社出荷に感謝申し上げ、実績を検討し、今年度の活動に
つなげるのが目的です。



kanban
会場は糸魚川駅前の和食、地グルメ「膳処くろひめ」さん。
いつもお世話になります。



2.19.3
弊社木嶋より販売概況や昨年度実績の特徴的な点などについてのご説明を。



kanban1
JAひすい園芸推進協議会橋立会長のご挨拶。



2.19.4
市内各所の生産者の皆さん、関係機関の皆さんにご出席いただいています。


2.19.8
平成24年度実績は夏以降の単価安も有り厳しい結果に。



2.19.5
園芸作物の生産量は一部品目を除いて減少傾向が長期化しています。
参加の皆さんからも生産現場の存続を危ぶむ声が多く聞かれました。



2.19.7
「糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」から、試食イベント、
学校給食まで話題は多岐に亘ります。

2.19.10
出席者全員にご発言いただきました。
「商品質を価格に反映させてほしい」との要望多数。

忌憚のないご意見をありがとうございます。


2.19.11
最後に表彰式を。社長賞を「JAひすい菌茸部会」様へ。

試食イベントや総菜向け出荷への対応のご協力に加え
ここ10年間で最高レベルの出荷量をいただきました。

先日NST系列「スマイルスタジアム」番組内で
生産物が紹介された斉藤健一郎会長に。

熱心な長時間のご討議をありがとうございました。




続いて懇親会に。


弊社からの「糸魚川産品を多く取り入れて」というリクエストに
応えていただいた「膳処くろひめ」のメニューがこちら。

献立
「菊芋チップス」、「わさび葉の天ぷら」などなど
初めて食べるメニューがいくつも。

締めの「まこちゃんうどん」は
わさびの翠工房さんが開発した、地場「真昆布」を使ったうどんなんだそう。

おいしくいただきました。

懇親
楽しく過ごせた懇親会。
食材についても話が弾んでよかったと思います。


ご参集いただきありがとうございます。


皆さん今年も宜しくご協力の程お願い申し上げます。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

ウドの芽、あさつき

小雪の舞う厳寒の明け方となりました。
昨晩の雪は今朝まで続いていましたが、
積雪量としてはたいしたことがなく済んでいます。

連休前の今朝は「ウドの芽」「あさつき」の出荷がありました。

うど芽
「ウドの芽」は筒石から。
同じ生産者の方から毎年この時期に決まって出荷いただいています。

和え物、天ぷらで春の香りをどうぞ。

あさつき
「あさつき」。同じ方から。「新芽」という感じです。

地場の競売品は他に「アスパラ菜」のみ。
年間で最も地場出荷が少ない時期となります。

いきおい少ない出荷物に注目が集まります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

ポリアンサス鉢

 昨晩の強い雨は上がり、曇天の明け方となりました。

弊社付近の残雪は雨であらかた消えて、いい感じです。

暦の立春は過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続きます。


今朝は春らしい「ポリアンサス鉢」を撮りました。

poriannN
お隣の富山県魚津市、高木園芸様から。

poriannF
色とりどりの花は売り場を華やかにしておりました。

気分まで明るくなりそうな「ポリアンサス」。
ぜひ飾っていただきたいと思います。
花卉(かき) | comments (0) | trackback (0)
1/1