糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

うどぶき

 小雨の明け方となりました。

気温は昨日までより一段低く感じるものの、ムシムシして不快な
感じです。

今朝はお待ちかね、「うどぶき」が初出荷されています。

うどぶき
「うどぶき」300g。山菜の中でも一段高なのは例年通り。

固定ファンが多くいる糸魚川の「山菜の王様」。
お浸し、浅漬け。他で代えられない風味があります。
希少なものなので、店頭で見つけたら即ゲットしておきましょう。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

新にんにく、にんにくの芽、エシャレット

小雨、強風の明け方となりました。
今は雨は上がっています。

まいど地場出荷が少なめの開市水曜ですが、
今朝は「新にんにく」「エシャレット」「にんにくの芽」が
出荷されています。

にんにく
「新にんにく」は蓮台寺から。ピカピカしてます。
常備野菜を地場産で。

エシャ
同じ出荷者の「エシャレット」。葉も使っていただきたいです。


ニンニク芽
「にんにくの芽」は一の宮より。
炒め物が定番ですね。


この一週間ほどで、気温が一気に高くなった印象です

梅雨入りも間近と伝えられています。
気候の変化に体が早く慣れるよう、食事メニュー、食材に
気を使いたいものです。
野菜 | comments (0) | trackback (0)

第5回糸魚川の野菜を食べようキャンペーン企画会議

初夏を思わせる強い日射しと気温だった昨日、
関係機関の皆さんにご参集いただき、
「第5回 糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」の企画会議を
弊社にて行いました。

会議

企画会議は三回目。ようやく概要がまとまりました。

毎回ご好評いただいている本企画ですが、今年も盛りだくさんの内容で
更なる浸透、拡大をということで、企画会議一同はりきっております。

応募期間は7月6日(土)〜8月6日(火)までの32日間。


詳細は追ってご紹介してまいります。
ご期待ください。
H25年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン | comments (0) | trackback (0)

山竹、みょうが竹

快晴の爽やかな朝となりました。
今朝は「山竹」「みょうが竹」が出荷されています。

山竹
「山竹」は皮をむいて輪切りで味噌汁に。
おいしい「季節の味噌汁」のできあがり。

みょうが竹
「みょうが竹」も、ちらほら出荷されています。
出荷者の方によると、三杯酢に二日ほど漬けた「酢漬け」がオススメとの
ことでした。

どうも野菜の相場が安く、売り上げが上がりません。
アベノミクス効果が青果の相場にも現れてくれるといいのですが。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

よしな、ふき

 素晴らしい快晴の朝となりました。
明け方早々に事務所の暖房を切りましたが、
今年初めてかと思います。

週明けの今朝は「よしな」「ふき」が出荷されています。


よしな
「よしな」は出始め。鈍い飴色は、茹でると鮮やかな緑に変わります。

ふき
「ふき」。順調出荷。
食感のよい「煮ブキ」をぜひ食べたいもの。

気温がぐっと上がって、素晴らしく快適な気候です。
気分良く仕事に取り組んでまいります。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

山うど、ぎんぶき、たらのめ、わらび

空の明るい、薄曇りの朝となりました。
少し低めですが、活動しやすい適度な気温、カラッとした空気。
快適な気候となっています。

今朝は「山うど」「ぎんぶき」「たらのめ」「わらび」が
出荷されています。

やまうど
印象的だった「山うど」。来海沢より。
ハダカ出荷だときれいに写っていいです。

ぎんぶき
「ぎんぶき」はちょうどよい長さ。これも来海沢より。人気があります。

たらのめ.
「たらのめ」。寺島。

わらび
「わらび」は筒石より。

まさに今がベストシーズン。山菜の調理法については、こちらこちらがご参考になればと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)

糸魚川産山菜揃い踏み

曇天の明け方でしたが、青空が拡がり陽が射してきています。
日に日に夜明けが早まるのを実感します。

連休明けの今朝は、糸魚川産の山菜がすべて揃ったのでは?
と思わせるほど多くの種類の山菜が出荷されています。


yamatake
初荷の「山竹」。


yosina
同じく初荷「よしな」。

warabi
「ワラビ」。

taranome
「タラノメ」。

ginbuki
「ギンブキ」。

kosiabura
「こしあぶら」。

huki
「フキ」。

kogomi
「コゴミ」。

harayama
こちらは原山の「モーソ」。

写真を忘れた「山うど」も出荷されていましたので、
ここに無いのは「ウドブキ」くらいかと。
ただ、4月の低温が影響しているのか、山菜類全般に、
量的にはあまり増えてきておりません。

山菜の出回りは、うかうかしていると
あっという間に終わってしまいます。

ぜひこの時季にお買い求めいただければと思います。
山菜 | comments (0) | trackback (0)
1/1