糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

雪室貯蔵青果物の室出し

いささか旧聞とはなりますが、5月18日午後、市内上早川へ
雪室貯蔵実験の最終引きだしが行われ、引き取りに行ってまいりました。

山芋
昨年12月下旬に蔵入れした山芋。トロ箱に土を入れて山芋を埋め、
雪室へ。半年の眠りから覚めた山芋の図。外観はいい感じ。


sinnkou
同じく「新興なし」。ただ、全体の3割ほどが傷んで、商品価値がないという結果に。
はっきりした理由は不明ですが、保管の仕方にもノウハウが要りそうです。
雪室は低温冷蔵プラス高湿が保たれるとのこと。
翌日社内で食べてみましたが、瑞々しくおいしい!

季節外れの5月に食べる梨の付加価値やいかに?


雪室
実験した雪室の図。主催は「上早川地域農業ビジョン検討委員会」。
毎年トマト出荷でお世話になっております、東山ファームの原さんが代表です。
青果物以外には地酒、ワイン、お米などが貯蔵されておりました。

貯蔵山芋は「膳処くろひめ」で試供されることに。結果は後日追記いたします。
トピックス | comments (0) | trackback (0)
1/1