糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

春きゅうり接ぎ木作業見学

御三方

先日の「糸魚川青果地場生産者懇談会」でも
ご報告させていただきましたが、平成24年度実績によれば


弊社の年間きゅうり販売数量の69%が糸魚川産きゅうり

なのです。


その糸魚川産きゅうりの販売数量の8割が
市内田屋の「中野園芸組合」産
となっております。

弊ブログでも登場回数の多い「中野園芸組合」さん(構成員は二軒)ですが、

昨年の反省会時に

「一度接ぎ木作業を見せてもらえませんか?」

という勝手なお願いをしておりました。


昨日21日の午前に接ぎ木作業が行われるとの
ことでしたのでとり急ぎ伊藤善勝氏のハウスへ寄らせていただきました。


田屋
当日は大雪に。雪に埋もれた田屋地区へ。



ハウス
ご自宅の目の前にあるビニールハウス。お邪魔いたします。



sagyo
「接ぎ木」とは、簡単にいうと南瓜の根っこに胡瓜の幼木を挿して
くっつけ、病気に強く収穫量の多い胡瓜を育てる技術です。



yosikatu
伊藤善勝さん。H23年度の緑白綬有功賞受章は記憶に新しいところ。




ito
接ぎ木作業中の(ご親戚の)伊藤さん。毎年作業をお願いしている大ベテランの方。
昨年の反省会でもご一緒させていただきました。


台木
台木の南瓜「ときわゴールドG」。



sha-pu
接ぎ穂のきゅうり「シャープ1」。



tugi
台木と接ぎ穂にカッターで切り込みを入れ、挿しこみ合わせクリップで止めます。
本日はこの作業を750本ほどされるそう。


tugigo
挿しこみ終了の図。くっつく(活着)に12日ほどかかります。
そのあと、接ぎ穂である胡瓜の根を切り、定植することになります。



これは「呼び接ぎ(よびつぎ)」という方法だそう。
最初から双方の根を切って挿しこむ「断根挿し接ぎ」という
機械によるやり方もあるそうですが、
伊藤家はすべて手作業の「呼び接ぎ」で行われているそうです。


narabe
活着するまでのハウス内の温度管理がとても重要なんだそうです。
ほとんど離れずに小まめに温度調節されるというお話でした。


元々は別々の植物を合体させるこの方法。
中にはうまく活着しないものもあるそうです。
高い歩留まりとなるよう心から祈念申し上げます。



弊市場への出荷は4月10日前後となる見込みです。
丹精込めた春きゅうりの出荷をどうぞお待ちください。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

平成25年度 糸魚川青果地場生産者懇談会

風のない、まずまずの好天に恵まれた2月19日、
恒例の弊社主催による「地場生産者懇談会」を開催いたしました。


昨年度の弊社出荷に感謝申し上げ、実績を検討し、今年度の活動に
つなげるのが目的です。



kanban
会場は糸魚川駅前の和食、地グルメ「膳処くろひめ」さん。
いつもお世話になります。



2.19.3
弊社木嶋より販売概況や昨年度実績の特徴的な点などについてのご説明を。



kanban1
JAひすい園芸推進協議会橋立会長のご挨拶。



2.19.4
市内各所の生産者の皆さん、関係機関の皆さんにご出席いただいています。


2.19.8
平成24年度実績は夏以降の単価安も有り厳しい結果に。



2.19.5
園芸作物の生産量は一部品目を除いて減少傾向が長期化しています。
参加の皆さんからも生産現場の存続を危ぶむ声が多く聞かれました。



2.19.7
「糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」から、試食イベント、
学校給食まで話題は多岐に亘ります。

2.19.10
出席者全員にご発言いただきました。
「商品質を価格に反映させてほしい」との要望多数。

忌憚のないご意見をありがとうございます。


2.19.11
最後に表彰式を。社長賞を「JAひすい菌茸部会」様へ。

試食イベントや総菜向け出荷への対応のご協力に加え
ここ10年間で最高レベルの出荷量をいただきました。

先日NST系列「スマイルスタジアム」番組内で
生産物が紹介された斉藤健一郎会長に。

熱心な長時間のご討議をありがとうございました。




続いて懇親会に。


弊社からの「糸魚川産品を多く取り入れて」というリクエストに
応えていただいた「膳処くろひめ」のメニューがこちら。

献立
「菊芋チップス」、「わさび葉の天ぷら」などなど
初めて食べるメニューがいくつも。

締めの「まこちゃんうどん」は
わさびの翠工房さんが開発した、地場「真昆布」を使ったうどんなんだそう。

おいしくいただきました。

懇親
楽しく過ごせた懇親会。
食材についても話が弾んでよかったと思います。


ご参集いただきありがとうございます。


皆さん今年も宜しくご協力の程お願い申し上げます。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

マルジョウお墨付きブランド第二弾です。

先月初お目見えの「マルジョウお墨付きブランド」企画。
前回の「ハナト印有田みかん」に続いて今回はその第二弾。

弊社草創期からの旧いお取引先である下総屋千葉弘食株式会社様の
「落花生」400g入大袋
を節分に向けてオススメいたします。


第二弾
2月3日の節分に向けた一月下旬は「落花生」の年間最大需要期。
このPOPを目印に店頭で探してみて下さいね。


400g
マスコットキャラのピーちゃんも目印です。

中国産落花生をこだわりの「天日干し」で仕上げた400g入り大袋落花生。

おもとめやすい価格と良食味を両立した逸品です。

ブラインド試食で多くの競合に競り勝った本品。

年中出回っている商材ではありますが、この時季の新豆を使用した
ものは特に香ばしさ、甘み、自信をもってオススメできるものです。

ぜひご家族でお楽しみいただければと思います。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

平成25年度宝船積み荷

 先日ご紹介の初市向け宝船。

外から撮った写真では、何を積んでいるのか解らないですよね。

前日の制作風景と一緒に、積み荷の明細を公開したいと思います。

大

宝船(大)。17種の糸魚川産農産物を載せています。


品名 産地
1 オータムポエム(アスパラ菜) 早川、能生
2 人参 大野
3 つくなり芋 能生
4 里芋 大野
5 ジャンボ生椎茸(菌床) 中野口
6 フキノトウ株 早川
7 カリフラワー 早川
8 古代米 早川
9 能生米 能生
10 紅白餅 西海
11 稚児餅 早川
12 ささげ 早川
13 小豆 早川
14 干椎茸 東海
15 米粉 早川
16 切干大根 早川
17 赤玉子 清水山

今年の新顔としては「ふきのとう株」、「能生米」、「赤玉子」などが。
宝船(小)の積み荷もこれに準じます。

PC250063.JPG
1月4日午後にお寄りいただいた宝船制作スタッフ一同。
左から斉藤菌茸部会長、JAひすい本間さん、橋立園芸推進協議会会長、
糸魚川青果木嶋、JAひすい吉岡次長。

ご協力に感謝申し上げます。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

平成25年糸魚川青果卸売市場初市

1月5日は青果市場の初市開催日。

年によって休市日の数が変わっても、これだけは変わらない
業界の慣習であります。

舳先
挨拶式の後、5艘の宝船を競売いたします。


集合
来場者全員で記念撮影。
「糸魚川タイムス」さんにご協力いただきました。
みなさん、糸魚川青果卸売市場初市へようこそ。


木嶋
挨拶式から。弊市場社長木嶋より。

大瀬さん
糸魚川青果組合大瀬組合長より。

橋立会長
JAひすい園芸推進協議会橋立会長より。

市長
来賓米田糸魚川市長より。

手締め
糸魚川青果組合渡辺副会長。「今年も頑張るぞコール」を全員で。


競り
弊社七澤による宝船初競り。

競り2
たくさんの皆さまにご来場いただき、賑やかな初市とすることが
できました。感謝申し上げます。

今年もよろしくお引き立て頂きますようお願い申し上げます。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

2013年新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

弊ブログをご覧の皆さまにとって輝かしい年となりますよう

心より祈念申し上げます。

新年初市は1月5日土曜日7時15分から予定しています。

今年も昨年に倍したお引き立てをいただきますよう
お願い申しあげます。

地方卸売市場株式会社糸魚川青果卸売市場
代表取締役 木嶋 隆

みかん
トピックス | comments (0) | trackback (0)

平成24年止市ご挨拶

雪のない冬晴れの止市となりました。

今年一年の弊社へのご愛顧を心より感謝申し上げます。

yukiyoke
毎年年末に取り付けるのが恒例となっている
雪よけ通路の屋根。落雪が来場者を直撃しないよう。


弊社をとりまく厳しい環境への自覚から、
第二の創業として社内改革を宣言した今年でありましたが、
振り返ると道半ばまでも行っていない現実に愕然とします。

来る新年はさらに強力に改革を進めていこうと決意しています。


弊社への更なるご支援、ご協力をお願いいたします。

不定期な更新となっている弊ブログですが、
おつきあいいただいたすべての皆さまに感謝申し上げます。

本年の更新はこれにて終了です。

皆さま良いお年をお迎えください。

地方卸売市場株式会社糸魚川青果卸売市場
代表取締役 木嶋 隆




seri
36年の長きに亘り精勤いただき、
本日で定年退職を迎えた吉岡蔬菜部長。
最終日の地場競りを職員一同目に焼き付けました。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

高校生やさいレシピコンテスト in 糸魚川

 昨日21日、糸魚川地域振興局健康福祉部主催の
「高校生やさいレシピコンテスト in 糸魚川」が
大和川地区公民館にて開催されました。

gennkann


弊社木嶋が審査員として参加させていただきました。
今年の「第4回糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」では、
振興局健康福祉部さんに多大なご協力をいただきました。
ありがとうございました。

kaigi
前段の「食育ネットワーク会議」より。
壁面には各校の食育関連活動の掲示が。


今回のイベントの大まかな流れはというと、 

市内の三つの高校(糸魚川高、白嶺高、海洋高)から夏休みの課題として
「やさいレシピ(名称:マジやさいレシピ)」を作成してもらい(計567名)、校内審査で各校20レシピに絞ってもらいます。

60
これが60の選抜レシピ。ここに残るだけでもたいへんです。
「家族、友だち、♡♡に食べさせたいオリジナル野菜料理」という副題が。

各校の文化祭で60レシピを巡回掲示し、一般の方を含む
多くの方に5部門について投票してもらいます。

「マジ食べたい!」部門
「イケてる!部門
「野菜たっぷり」部門
「ネーミング」部門
「ビジュアル」部門

総得票が多かった上位5作品が最終審査(今回のイベント)で
14名の審査員による試食審査を受け、最優秀作品一つを決定します。


最終審査対象の5作品です。

レシピ考案者の高校生が自ら調理しています。


1
「いい湯だな〜カレー風ラタトゥイユ」
(いい湯だな〜の後に絵文字が入るのですが省略)

カレー風ラタトゥイユのお風呂に入っているリラックマ。
凝りまくったビジュアルに眼が釘づけ。


2
「漢(おとこ)の夏野菜巻き」

この作品のみ男の子が発案。ど真ん中ストレート直球勝負。


3
「夏兄弟」

最優秀賞受賞作品。稲荷ずしプラストマト、ナス、ピーマンのチーズ焼き。
驚きのおいしさ、すばらしい完成度です。名前は演歌の曲名みたい。

4
「万能ラタトゥイユでトマトグラタン風」

レストランのメニューにあってもおかしくないビジュアル。
いろいろ工夫できそうな発展可能性を秘めていると思います。


5
「Healthy&Beauty in 越の丸ナス」

野菜のバラエティはこれが一番あったかも。
12月下旬によくぞ「越の丸ナス」が残っておりました。

1-5
試食プレート5種。どれもおいしかった。


kouann
考案者本人によるプレゼン。甲乙つけがたく、審査は難しかった。

hyoushou
審査員長の安達振興局長から表彰を。

今年2月に行われた「食育ネットワーク会議」と「野菜を食べようキャンペーン」企画会議の中で、レシピコンテストの構想は話題に上っていたのですが、
これほど着々と進んでいたとは知らず、うれしい驚きでした。

次回の開催についても前向きな意見が多数ありました。

高校生のみなさんが地場野菜と調理について知見を広める
きっかけとなるイベントに育つといいなと思います。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

早川園芸組合反省会

try

12月は、各生産者組合の反省会シーズン。昨日、焼山温泉清風館にて
行われました早川園芸組合さんの反省検討会に弊社から木嶋、七澤が
出席してまいりました。

例年「糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」はもちろん、
試食宣伝会、学校給食対応など早川園芸組合さんには
大変なご協力をいただいています。

会場は早川温泉郷の2トップの雄、焼山温泉清風館さん。
「糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」のスポンサーとして
毎年ご協力いただいております。

tochuu
残雪が映える早川谷を上っていきます。目的地まであと1kmくらい。
ずんぶん雪があるなと感心して撮りましたが、まだここらへんで
感心するのは甘かった。

seihuukann
清風館遠景はこんな感じ。ただ、降雪の小康状態が続き、
道路に残雪が少なかったので、スイスイいけました。

今年度の実績や活動内容を振り返る会議はみっちり2時間ほど。
弊社からは作付け提案など。

genkan p

ちょっと待って!懇親会の前に集合写真お願いします!

zenin
はい、ポーズ!
早川の各地域から数名づつ参加されています野菜作りの精鋭の皆さんです。


ここからは懇親会兼地場野菜利用惣菜サンプル品評会に。

以下「出品」されたお惣菜です。

sazanami
アスパラ菜さざなみ和え。

itouri
糸瓜の辛子マヨネーズ和え。リンゴとキウイが入っています。

zenmai
ぜんまいと切干大根の煮物。自家製切干大根は輪切りと拍子木切りの二種混在。

serori
浅漬けセロリとベーコンとリンゴの和えもの。

sasagi
「トチオササギ」煮豆。

asuparana
ポテトサラダですが、上にアスパラ菜の花を散らしてあります。

kabu
カブの甘酢漬け。

wasabi
自家製わさび漬け。もちろん地場わさび使用です。

宴会料理もすばらしかったのですが、撮ったはずの写真が、なぜかデータエラーに。
清風館さん、申し訳ございません。


来年の野菜作りの話、地場野菜を使った料理レシピの話、
ご近所やご親戚の話(笑)。

あっという間に時間が過ぎていきました。

皆さん、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。
トピックス | comments (0) | trackback (0)

新年用しめ縄販売

 小雨の水曜開市となりました。

 本日より、「新年用〆縄、〆飾り」の販売をスタートいたしました。

〆縄
 おなじみ能生「はしだて」製各種「〆縄、〆飾り」。
 
しめ縄販売
 本日は2.5尺、3尺の〆縄を中心に切り紙など。

 「はしだて」さんは、年々、原料の「スゲ」確保に苦労されているとの事。
(〆縄原料には「スゲ」と「ワラ」があります。)

すべて手造りの「お正月商品類」。
ご入用の方は、早めの購入が無難です。 
トピックス | comments (0) | trackback (0)
<< 2/14 >>