糸魚川青果卸売市場ブログ

小さな町の小さな市場よりおいしい旬の産物をご紹介いたします。

BSNラジオ「ゴゴラク」生電話

 多方面の皆さんからご協力をいただき、実施しております
「平成21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」。
応募期間は今週末までとなっております。
 あと6日間、もう応募された方も、
まだ応募されていない方も、
どしどしご応募くださいね。
お一人で何通応募いただいても結構です。

急な告知で恐縮ですが、本日午後のBSNラジオ「ゴゴラク」内で、
当キャンペーンの告知を行うことになりました。
14時29分から5分間程度、生電話にて弊社社長木嶋が
対応いたします。お楽しみに。
ポスター
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

シール三種揃い踏み

 明け方の路面は濡れていましたが、雨は無く、夏らしい青空が拡がってきています。
 本日出荷の商品より「H21年度地場野菜キャンペーン」応募対象シール
三種類を改めてご紹介いたします。

1.奴奈川姫シールです。市内各地出荷分より。

みょうが
みょうが

ファイト
トマト(桃太郎ファイト)

アイコ
ミニトマト(アイコ)

つまみな
つまみな

2、菌床生しいたけシールです。能生谷、早川より。

菌床
菌床ALサイズ。
B規格は同デザインで左側が緑色のシールが貼られています。
そちらでも、もちろんO.Kです。

3.原木生しいたけシールです。早川より

原木
原木AMサイズ。

三種のシールからどれでも五枚を応募用紙に貼り
(シールは、一度剥がすとそのままでは接着しにくいので、
セロテープなどで貼ってください)、協力店の応募箱へ。
応募の皆さんに賞品が当たりますように。
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」開幕

 強い雨の朝となりました。
 いよいよ本日から、「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」の応募期間に入りました。
 競売場は、「奴奈川姫シール」で埋め尽くされました。

なす
なす

きゅうり
きゅうり(Vロード)

モロッコ
モロッコインゲン

丸なす
丸なす

ピーマン
ピーマン

枝豆
枝豆

出荷生産者の皆様、シール貼付に絶大なご協力を賜わり、深く感謝申し上げます。
引き続き、期間中のご協力を重ねてお願い申し上げます。

昨日、新潟県内の一大地方紙でも取り上げていただきました本キャンペーン。
大きな反響に驚いています。

8月9日までの応募期間中、どうぞ奮ってご応募ください。
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

応募用紙と応募箱

 先日、地方紙「糸西タイムス」一面でも取り上げられました「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」
実施月に入り、いよいよ機運が高まってきたように思います。
今回は先日完成したばかりの「応募箱」、「応募用紙」をご紹介します。

応募箱
「応募箱」と書いてある「応募箱」。ベタですね。
応募用紙の裏面にはポスターの図案が印刷されてます。

応募用紙には、地場産シール5枚の貼付と共に、

1.希望賞品一つに○をつける。

2.住所、氏名、電話番号を記入する。
  (当選賞品の引渡しのためです。)

3.年齢層(例:30代)に○をつける。

ことが、応募要件となります。

「応募箱」、「応募用紙」の協力加盟店への設置は来週後半からを予定しています。
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」協力加盟店リスト

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」協力加盟店を
下記列挙します(順不同)。
店頭に貼られているキャンペーンのポスターが目印です。

マルニ林 本町店
スーパーマルニ 浦本店
スーパーマルニ 下早川店
スーパーマルニ 上早川店
原信糸魚川店
ナルス糸魚川店
ナルス能生町店
ハピー奴奈川店
ハピー横町店
ハピー田沢店
ハピー青海店
ハピー早川店
サンエー能生店
サンエー厚田店
マックスバリュ糸魚川店
白石商店
古田商店
猪又商店
お食事処大瀬
田原支店
緑町青木食料品店
くろひめフード
樋口屋商店
山岸食料品店
上刈青木商店
松本食料品店
根知長谷川食料品店
キサン木島商店
(名)山澤商店
(有)マルキチ商店
玉橋商店
加藤時計店
港町 弓矢商店
冨岳商店
中木ストア
長谷川食料品店
大沢渡辺商店
山崎文六商店
平林商店
外波 玉谷商店
多田商店
いりやま
田代ストアー
いそや商店
加藤マル治商店
下かじ商店
小泊屋
Yショップ加藤商店
丸一商店
八百清商店
武図商店
よろずや
わたせ
能生ふれあい直売所
焼山の里ふれあい直売所
よってけ市
JAひすい女性部ふれあい市(月、水、金)
ひすい食彩館
ちゃんまいろ市
粟倉無人百円市
あつだドーム
直売所ひまわり
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」の概要について

 先月より告知してまいりました「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」。
 いよいよ実施期日が迫ってまいりましたので、いいかげんに前フリは止めにして、実施内容をご案内いたしましょう。

1.市内協力加盟店(以下協力店)で販売している糸魚川産野菜に貼付されている「地場産シール」(三種類あります)のどれでも5枚を集めて下さい。

2.協力店で配布している応募用紙に地場産シール5枚を貼り、住所、氏名、年代、ご希望の賞品(A〜Gのうちいずれか1点)をご記入の上、協力店に設置されている応募箱に入れてください。

3.応募された中から抽選で特選賞品が合計70名様に当たる!という購入促進キャンペーンです。
奮ってご応募くださいね。

4.応募期間は7月18日(土)から8月9日(日)までとします。

5.当選発表は8月31日(月)(ヤサイの日)となります。

6.賞品の引渡しは、9月中旬から下旬を予定しています。農産物の賞品があるので、準備でき次第の引渡しとなります。
 賞品は以下の通りです。

A. 糸魚川産 コシヒカリ 新米10kg    10本  
B. 糸魚川産  ジャンボ生しいたけ1kg  10本
C. 糸魚川産  越の丸なす   2kg    10本  
D. あぐりいといがわ汐路ぶどう園 ぶどう2kg 20本
E. 焼山温泉清風館 入浴券(一回券)4枚セット10本
F. 糸魚川駅前 膳処くろひめ 三千円分食事券  5本
G. 糸魚川産 アールスメロン1玉            5本
                             合計70本

協力店名リストについては次回ご案内いたします。
お楽しみに。

                 (おわり)
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」ポスター

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」のポスターが完成いたしました。

ポスター 

 先週から、ポスターの原版を弊社事務所の入口ドアに貼っていたので、来社された方はお気づきかもしれません。
 本格的な協力店舗や公共施設での掲示は今月中旬以降を予定しています。
 まず来週6月8日市内で開催されます服部幸應氏講演会「食育のすすめ〜大切なものを失った日本人」(主催奴奈川JC)にて初披露(パネル告知)を予定しています。
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)

「H21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」の目的

 今年の二月、「オータムポエム(アスパラ菜)」のベテラン生産者の方から、お聴きした話です。

 市内の親しい知り合いの方との世間話の中で、「オータムポエム」の話題になったときに、

 「そのオータムポエムって何だね?」

 「そりゃどこで売っとるんだね?」

と訊かれて、話の前提すら成立してないことに愕然とした、というのです。
 
 生産者の方はもちろん、生産者のご家族、商品としての青果物を取り扱う職業の方は当然知っている糸魚川産野菜のことを、それ以外の一般の方は意外と知らないのかもしれない、と改めて思いました。

 市内の園芸生産者の高齢化は目に見えて進行しています。70歳代はもちろん、80歳代の方も決して珍しくありません。園芸生産量は漸減しており、歯止めがかかりません。

 市場にいて地場産品の取引に携わっていると、確かに地場産品を好む方が糸魚川に多くいることは窺い知ることができます。ですが、

 今回の企画は、
どちらかというと、ふだん地場産野菜をあまり意識しない方々に、

まず
「糸魚川産野菜に関心をもってもらう」
次に
「糸魚川産野菜を手にとってもらう」
次に  
「糸魚川産野菜を実際に食べ、その良さを知ってもらう」

ために企画されました。

 消費の「すそ野」を拡げる取組を継続的に行うことを通じて、野菜生産者のみなさんへの間接的な支援、励ましになればと考えています。

オータムポエム
「オータムポエム」(ご参考)


 
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (1)

キャッチコピー

「平成21年度糸魚川の野菜を食べようキャンペーン」のキャッチコピーは、


「野菜は地場もんがいいぜね。」


といたします。このキャッチコピーは糸魚川弁ですが、標準語になおすと、


「野菜は糸魚川産がいいですよ。」

となります。

って、いちいちなおさなくてもわかりますかね。
H21年度地場キャンペーン | comments (2) | trackback (0)

地場キャンペーン企画会議

 19日午後、今夏実施の弊社主催「糸魚川の野菜をたべようキャンペーン」の最終企画会議をおこないました。

企画会議
出席いただいた皆さん。手前右 弊社七澤より時計回りに
JAひすい 本間さん、糸魚川市農業経営支援センター梅澤さん、
マルニ林商店 林社長、山崎文六商店社長、産直運営協議会 斉藤信夫さん、
普及センター 滝田さん、園芸推進協議会 小杉会長。

2月から進めてきたこの企画ですが、ほぼ概要は固まりました。多くの方にご協力いただきながら、全市を巻き込んだ大きなプロジェクトに育ちつつあります。詳細は追ってこのブログでご紹介してまいります。どうぞご期待ください。
H21年度地場キャンペーン | comments (0) | trackback (0)
<< 2/3 >>